w8w8

妊活サプリが動脈硬化も防ぐ

●妊活サプリメントを活用して動脈硬化の予防をしよう

動脈硬化の要因となるホモシステインは葉酸が不足すると増加すると言われています。特に女性では、閉経後にホモシステインが増加する傾向にあります。加齢と共に動脈も老化すると言われていますが、年齢と共にホモシステインが増加するからです。

ホモシステインの増加が動脈硬化を誘発してしまうことは、先ほど述べたとおりです。

一日に必要な葉酸を毎日体内に摂取させて、ホモシステインを減らして動脈硬化を予防しましょう。

葉酸は野菜に含まれていることが多いのですが「熱に弱く水に溶けやすいという性質」の為、日々の食事では一日に摂取したい量を体内に吸収するのは少し難しいです。成人では約240㎎が一日に摂取したい葉酸の量になります。

例えばほうれん草には100gで210㎎、枝豆には100gで260㎎、モロヘイヤには100gで250㎎の葉酸が含まれます。この葉酸の量は加熱をすると、約半分となり胃酸によって分解されていますので実際体内に吸収できるのは半分以下となってしまいます。葉酸が摂取できるようなバランスのとれた食事と併用して、食事で足りない分の妊活サプリで摂取すると効率的です。

妊活サプリはいろいろな種類が販売されています。葉酸とカルシウムが配合されているものや、葉酸と鉄分が配合されているものもあります。購入する際には原材料をよく確認しましょう。

●葉酸の摂取以外の動脈硬化予防法

・適度な運動
有酸素運動をして、血液の流れをよくしましょう。

・喫煙は少ない頻度で
タバコの煙が体内に入ると、体は血圧を上げるので血管を収縮させます。
この収縮が血管に無理をさせている状態なのでストレスがかかり、動脈硬化を起こしやすくなります。タバコはやめるのが一番ですが、それが難しいなら回数を減らしましょう。

・生活リズムを整える
しっかり眠り、よく食べましょう。特に1日3回の食事は体づくりの基本になるものです。
特に動脈に打撃を与えてしまう脂っこいものは控えめにして、コレステロールを摂取しすぎないようにしましょう。

●まとめ

動脈硬化の予防に葉酸が効果的なことがわかったと思います。動脈硬化が進行すると死に至る要因となる、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳卒中などを引き起こします。動脈硬化の要因のひとつである、ホモシステインの増加を防ぐためにも葉酸はかかせない栄養素となります。

葉酸を食物から必要摂取量を体内に吸収するには難しいと思います。妊活サプリをうまく活用して摂取していきましょう。葉酸をとることでホモシステインの増加は防げますが、日々の規則正しい生活をすることも大切です。身体の健康を維持し、楽しい生活が送れるように今からできる予防はしっかりしていきましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です